42歳 会社員 男性 千葉市在住

会社では、デスクワークが多く会社帰りに1週間に2回、多いときには3回マッサージによく通っている。強く押してもらって気持ちよくすっきりとした感じがするものの、家に着く頃にはまた凝りを感じる。

マッサージ店や接骨院に通っても、やってもらってる間は気持ちいいもののなかなかよくならず、凝りに痛みが出ることが多くなってきた。心配になり病院で受診したが、特に問題ないと言われた。ストレートネックだから仕方ないと言われ、ビタミン剤、痛み止めと湿布を処方してもらった。

 

<ホスタカイロ>

会社での仕事でパソコンに一日向かってることがほとんど、また通勤中にはスマホでゲーム等で常に下向きの姿勢が多いとのこと。3年前に部署の異動によりパソコンに向かう時間が一層増えたのがきっかけで少しずつ凝りを感じ始めたとのこと。

最初は、接骨院のマッサージで良くなって改善していたものの、日数ととのもに凝りが増すのを境にマッサージ店に通い始めた。マッサージでは、毎回1時間半から2時間強めで揉んでもらっていたとのこと。

病院で受診していただくのは、大正解だと思います。たかが肩凝りでも、人によっては臓器の疾患等から肩凝りを誘発する場合もあるためです。ただ、今回発症が部署の異動とはっきり分かっているので問題はないと考えられます。

接骨院のマッサージやリラクゼーションのマッサージであっても、その一時の慰安、いわゆるリラクゼーションでしかありません。接骨院は、柔道整復師という国家資格の方が施術しますが、国家資格と言っても専門外です。肩凝りは専門外のため、腰が痛いのに歯医者に行くようなものです。根本的な改善にはなりません。逆に凝りを増やしてるだけに過ぎません。

X線でストレートネックと言っても、あくまでも見え方のことなので、問題ないです。ストレートネックだからということはありません。身長が大きいか小さいかと同じことです。

初回、マッサージ慣れしていらっしゃるため、押圧を感じ無い程筋組織が緊張がうつ伏せの状態でもかなら診られました。首全体の関節の可動性は非常に悪く、首や肩が凝って痛くなりよくボキボキと頻繁に自分で鳴らす癖を持っていらっしゃるためか、緩い関節部分と関節の可動性が極端に少ない箇所が診られました。

3回目、初回から2回目は症状が、状態があまりよくないため4日空けてのご来院でしたが、2回目から3回目は、変化も見られ以前の様に凝りから痛みが出ることがかなり減ったこともあり、1週間空けてのご来院。2回目以降、肩の凝りがかなり減ったと実感され、施術中の押圧が感じられるまでになっていました。首の鳴らす癖も自然と減った。

5回目、3回目以降身体の変化を感じ始めるようになった。施術間を1週間だが、その間今までと同じ時間仕事をしても肩が凝ることが施術の度に減り、今までの状態が嘘のようになってきたとのこと。姿勢も座っていても自然と良い姿勢で座っていられるようになった。部下からも姿勢が綺麗と言われるようになったとのこと。

現在、2週間に1度のペースで継続的に身体のケアで来院中。