37歳 研究員 男性 茨城県 龍ヶ崎市在住

青年期に一度脱臼してから、少しの衝撃で肩関節が脱臼しやすくなった。それを境に肩こりや頭痛が酷くなり始めた。現在では、主に下を向く作業やパソコンに向かう仕事ばかりで肩こりを常に感じ、酷い時には頭痛に悩まされるほどの時もある。

また、脱臼と同じ時期に腰をスポーツで痛めて以来、腰全体にだるさと痛みを感じる。家では、子供抱っこの機会もあり、ぎっくり腰になることも頻繁にある。

過去に接骨院や整体、カイロといろいろと通うこともあったが、引っ越しで通う治療院がなく日常を耐え過ごしている。

 

<ホスタカイロ>

肩関節に検査において、関節にルーズ感がみられた。またご本人も『肩が抜ける』という感覚が生じる程だった。

また、日頃からパソコンに向かうことが多いことから、姿勢が非常に悪く、両肩が前に入り猫背が目立つ程であった。

背骨全体の可動域が非常に少なく、いくつかの関節においては背骨に圧痛がみられた。また頚椎の関節では、自分でボキボキするクセがあるがために関節のルーズ感がみられた。

矯正後、頭痛や肩こりが改善され、スッキリ感があるとのこと。慢性的にあった腰の怠さもなくなり、日常生活が過ごしやすくなったとのこと。

お住まいが遠方のため、頻繁に当院に足を運べないものの1ヶ月に1度のペースでメンテナンスで来院中。