42歳 自営業 女性 船橋市在住

7ヶ月前に、朝起床時から左肩関節に痛みが発症。特に思い当たる原因もないとのことで、数週間様子をみてみたが痛みが増し、整形外科で診察を受けられた。

医師からは、40・50肩と診断され、湿布と痛み止め。リハビリを受けるように言われたとのこと。

リハビリを受け、1ヶ月経過しても痛みが緩和することもなく、痛みが増すばかりであったとのこと。

リハビリをやめ近くの混み合ってる鍼灸接骨院に通院して、半年。

痛み自体は、大きな変化はないものの、接骨院でマッサージを受けると少し緩和したとのこと。

発症時から肩関節にあった痛みは、変わらず動かす際に激痛が走り仕事にも支障が出始め知人の方からのご紹介で来院。

ホスタカイロより

初回来院時、左の肩関節が正常可動域の半分以下にまで低下し、制限がみられた。肩関節を他動で動かす際にも、肩関節周辺に痛みだ生じた。

また、ここ数ヶ月前からは、左の肩の凝りがより一層強く感じ始めたとのこと。

初回、他動・自動共に痛みを伴う肩関節の可動制限がみられた。

また、飲食業の営んでいらっしゃるため、日中お仕事中に重いものを持つことが多い事もあり、そのため上腕から肘にかけて筋肉の過緊張と肘関節においては、可動制限がみられた。

肘関節と肩関節の施術後には、他動・自動とのも可動域が増すようになった。

自動域においては、初動時に多少の痛みが残るものの痛み自体が耐えられない程にまで変化した。

2回目の来院時には、初回の施術後よりも可動域が他動・自動域ともに大きく増していた。

動作の際の痛みは、日常生活で感じる程のものはなくなったものの仕事で使うと日数と共に痛みを感じる様になった。

2回目の施術後は、初回時より可動域もかなり増した。6回目の施術前検査では、可動域がほぼ正常域にまで至った。

肩関節の動作痛もほとんど感じることがなくなるまでに至った。その後、4週前後の定期的なメンテナンス。